体重を減らすサプリはこれ!食事制限・ダイエットサポートに!

体重を減らすサプリ!

・食事に気を付けているのに体重が減らない
・なんだか体がダルい
・今まで着ていた洋服がきつくなった
・産後の体型が気になる
・健康診断で再検査の通知

 

誰もが一度は悩んだ事がある永遠のテーマ。素敵な体型をを目指して一生懸命運動しても食事制限しても「成功しない」「続かない」「効果が出ない」そして諦めてしまう・・・それではせっかく時間をかけてるのにもったいないですね。こんな時は体の中を痩せやすい状態にする事が大切です。そこでお手軽に食事制限・ダイエットのサポートになるサプリをご紹介します。

 

シボヘールの特徴

シボヘールは、機能性関与成分葛の花由来イソフラボンのサプリです。和漢として親しまれている葛に着目、自然植物の葛の花の成分を摘出しています。脂肪の合成を抑え、分解・燃焼を促進させる脂肪と戦う3つのパワーでお腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)や体重へ働きかけます。体脂肪に対して効果的に働きかけるので、代謝も上がりウエストサイズや体重の減少へ。1日目安4粒、機能性表示食品なので安心して始められます。

価格 980円
評価 評価5
備考 葛の花由来のイソフラボン

 

三黒の美酢の特徴

三黒の美酢は、すべて九州産の素材で出来たサプリです。手間暇かけて作られた黒酢のもろみ部分だけを使用し栄養素は普通の黒酢のなんと10倍以上!それに完熟発酵させた黒にんにくとノンストレスで育った地鶏の卵を贅沢に使用しています。さらに血液サラサラ効果があるDHAも配合されておりいろいろなサプリを試したい人におすすめです。1日2粒から始められるので忙しい人にも簡単に摂取出来るのが嬉しいですね。

価格 980円
評価 評価4
備考 黒酢もろみ・完熟発酵黒にんにく・地鶏の卵

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎 防風通聖散は、18種の生薬が満了処方されている漢方薬です。お腹の脂肪を分解・燃焼・排出促進作用のある生薬が4,500mgも凝縮されています。便秘気味、基礎代謝の低下に生薬がしっかりと作用します。効能効果が認められている医薬品なので安心して続けられます。

価格 3,900円
評価 評価3
備考 18種の生薬

 

健康のために無駄な体重は減らす!

 

体重を落としたいという人が抱く目的としては、多くの場合「見た目」が美しくなりたい、というものです。もちろん体重が減ってスッキリとしたスタイルになればそれに越したことはありませんが、体重が減ることのメリットはそれだけではありません。

 

体重を落とすことは、自身の健康にもつながります。たとえばメタボリックシンドロームというものをご存知でしょうか。健康診断などで腹囲の計測や体重などで注意されたという人もいるかもしれません。

 

体重が増えるということは、それだけ健康についてのリスクが高くなるということでもありますので、できれば家族全員で体重を落とすダイエットに取り組みたいところです。家族全員で体重を落とすことに取り組むメリットは、食生活の改善が無理なくできるという点にあります。

 

特に男性の場合、年齢を重ねるごとに疲れやすくなったり、そもそも運動することを面倒に感じたりといった傾向が強くなっていきます。これも体重を落とすことで改善できることなので、ある一定以上の年齢の人は積極的にダイエットに取り組みたいところです。

 

もちろん無理にダイエットを進める必要はなく、あくまでも自分でできる範囲で体重を落とすことが大切です。努力の結果ダイエットに成功し、体重を落とすことができれば次はその体重を維持することを考える必要があります。

 

体重が低い状態を維持することで、肥満が原因で引き起こされる様々な健康リスクを回避することができるようになります。いきなり大幅に痩せるよりも、一ヶ月1kg落とすことを目標にすると、一年で12kgのマイナスです。無理なく続けられる目標を立てることが大切といえるでしょう。

 

体重を減らすために食生活を改善!

 

体重というのは食生活と密接な関係にあります。そのため、現在の食生活を見直すことである程度体重のコントロールも可能となります。

 

たとえば現在の体重を気にするあまり朝食を食べないという場合ですが、これは結論からいくとNGです。一日三回食べていた食事を一回減らせばそれだけで体重が減るのではないかと思われがちですが、実はダイエットというものは「脳」も大きく関係しています。

 

仮に一日に1200キロカロリーの摂取を目標としていた場合、一日三回の食事でそれをまかなうのであれば一食あたり400キロカロリーです。しかし、これが二食であればどうでしょうか。

 

一食あたりのカロリーは600キロカロリーということになり、三回食べていた場合よりも多くなります。また、朝食を食べないということは前日の夕食から翌日の昼食まで何も食べないということになりますので、脳はしばらく食べ物の情報が入ってこない状態になります。

 

そうなると、次にカロリーが入ってきた場合、できるだけ体内にそれをためるようになりますので、結果的にそれが脂肪となってしまいます。こうした理由から、朝食を食べないことが結果的にダイエットでは逆効果につながってしまいます。

 

体重を減らすことを目的とするのであれば、朝食は抜かない方が良いでしょう。決してたくさん食べる必要はありませんので、少しでも口に入れて脳に「食べ物の情報」が入っている状態を作りだすことが、結果として効率的なダイエットにつながります。

 

体重を1キロ減らすために必要な消費カロリーはどれくらい?

 

体重を落とすにあたり、具体的に○○kg痩せるといった目標を立てることがあります。では実際に1kg痩せるためにはどうすれば良いのでしょうか。ダイエットでは正しい知識を身につけることも大切なことなので、この機会にしっかりと理解しておきましょう。

 

まず、体重を1kg落とすために必要な消費カロリーはおよそ7000キロカロリーといわれています。ちなみに、筋トレを30分続けて消費されるカロリーが200キロカロリーです。

 

これではなかなか7000キロカロリーの消費は難しいと思われるかもしれませんが、筋トレだけでなくウォーキングなどの運動も取り入れると良いでしょう。一時間のウォーキングで200キロカロリーの消費が可能となりますので、一日に30分の筋トレと一時間のウォーキングをすれば合計400キロカロリーの消費となります。

 

それとともに試してみたいのが毎日の食事の改善です。油をできるだけ使わない調理方法や、野菜中心の食事にするなどでカロリーを控えることで一日につき300〜400キロカロリーほど減らすことが可能です。

 

こうした方法を組み合わせることで一日につき800キロカロリー程度であれば消費が可能となります。これを一週間続けることで800?7で5600キロカロリーですので、7000キロカロリーまであと少しですね。

 

普段から運動する習慣がないという人であれば、食事の改善だけでも一ヶ月でおよそ2キロは減らすことができるという計算になります。何キロ落とす、といった目標を立てるのであれば、こうしたカロリー計算も含めて考えるとより具体化した目標になるのではないでしょうか。

 

体重を減らすなら自炊は必須か

 

体重を減らしたい人にとって、ぜひとも試していただきたいのが「自炊」です。その理由は、使われている食材についてのカロリーを正しく把握できるという点にあります。できあがっている惣菜などを買ってきて食べるほうが楽ではありますが、こうした食品というのは基本的にカロリーが高い傾向にあります。

 

極端にいえば「太りやすい」食品といえるかもしれません。その点、自分で料理をすればカロリーを抑えるための工夫をすることができます。

 

たとえば普段なら油を使って焼く料理であっても、そこを敢えて油を使わずに茹でる調理法を試してみる等といったことが主な工夫といえます。ここでいう「油」というものは、かなりの高カロリーのためダイエットの「大敵」ともいえる存在です。

 

できるだけカロリーを抑えるという意味でも、油は使わない調理法を試してみたいところです。また、外食しなければならない場合であっても、どういったメニューであればカロリーを抑えることができるかということを考えながら食べると良いでしょう。

 

自炊をすることで、ある程度はこうしたカロリーについての知識も身につけることができますが、ここで注意したいのが「自分が好きなものばかり」を作らない、という点です。自分が食べたいものばかりを作っているとどうしても栄養が偏ってしまいます。

 

そのため、自炊をするのであればできるだけ野菜中心の料理にする等、カロリー計算を含めてバランスよく食事が摂れるような工夫をすることも大切です。料理に使われている調味料や食材などについても正しく理解して、体重を落とすための献立を考えましょう。

 

食事量を変えずに体重を減らすことは可能か

 

体重を落としたいという人はたくさんいますが、こうした人の中にはカロリーについての正しい理解をしている人は決して多くはありません。特に食事をお腹いっぱい食べたいという人の場合は、どうしてもカロリーオーバーは避けられず、食事の量を減らすぐらいなら体重が増えるのもやむなしと考える人もたくさんいることでしょう。

 

こうした人の場合は、食事の量をいきなり減らすことよりも食事の中に低カロリーの食材を組み込むという方法が手軽に始められる方法です。特におすすめの食材はもやしでしょう。もやしがおすすめな理由は、ひとつは値段が安いこと。そしてもうひとつは栄養価が高くカロリーが低いことにあります。

 

もやしといえば、概ね250〜300gが一般的なサイズではありますが、このサイズをすべて食べたとしても40キロカロリー前後しかありません。もちろんもやしだけを食べるというのはあまり現実的な話ではないでしょう。そのため、スープにしたり、あるいは他の野菜と一緒にサラダにするといった方法でたくさん食べるようにしましょう。

 

この他、キャベツなどの野菜も低カロリーで食べられる食材のひとつです。こうした野菜の特徴は火を通して全体量を減らすことができるという点にあり、カロリーが気になる人は温野菜にして食べると良いでしょう。

 

このように、食べる食材に注意すればお腹いっぱい食べても体重は増加せずに痩せることが可能です。もちろん食べたいものばかりを食べているのではなかなかダイエットの効果が期待できませんが、食事量を減らさないという観点から無理なくダイエットを続けることも大切です。